2017年8月5日(土)、横浜トーストマスターズクラブ30周年記念イベント第1弾が、波止場会館にて行われました。
記念すべき第1回目のイベントは、「LEGO SERIOUS PLAY ワークショップ」。レゴブロックを使用した英語教育を研究している
横浜トーストマスターズ会員のファシリテーションによるワークショップです。

当日は横浜トーストマスターズクラブメンバーの他、合計約30名の参加者が集まり、全員童心に帰ってレゴを楽しみました。
ウォームアップセッションでは、全員がレゴを使って①鴨 ②タワー を作るという課題を与えられ、作成後、グループ内で各自英語にて作品説明を行いました。

次のセッションの課題は「横浜トーストマスターズクラブ30周年に際して、どんな貢献をしたいか?」。
これには皆さん頭を抱え、苦労して作品作成に挑みました。中には30周年の「30」という数字を上手くレゴで表したメンバーもいて、感心しました。
最後に、各グループ4名が作成した30周年貢献モデル?! を合体させて、一つの作品を作るという重い? 課題が課せられました。
そして仕上げに各グループ代表者1名による合体貢献モデルのプレゼンが行われました。

このワークショップに参加するまで、レゴブロックを使用した英語教育とは一体何なのか、全く見当が付かなかったのですが、
各自の作品作成やその説明、合同での作品作成と代表者によるプレゼンというワークを経て、
与えられた時間内に即興で作品を作り、抽象的な作品やその作成過程を英語で説明するという経験を通じ、英語表現を自然に学べるという事が分かりました。
特にレゴ作品を作成している時は、驚くほどみんな集中しており、普段なら自分の事を喋るのは苦手な人でも、作品については臆することなく喋れるんですね。
楽しみながら英語を学べる、それがLEGO SERIOUS PLAYなんですね。

30周年記念イベントの第1弾では、普段の例会とは一味違った方法で英語を学ぶことができました。
第2弾はどんなイベントがあるのか、待ち遠しいですね!

VPPR: T.S.

Yokohama Toastmasters Club has held the very first event of our 30th Anniversary Celebration at Hatoba Kaikan in Yokohama on August 5th, 2017.
Our memorable first event was “LEGO SERIOUS PLAY WORKSHOP”, which was facilitated by one of our members who are researching on the English education system
using Lego blocks.

On the day of the workshop, around thirty people including some of our members have participated in the workshop, and everyone enjoyed building Lego blocks feeling like a child again.
In the warm-up session, the participants were given the tasks of creating #1 Duck and #2 Tower.
After finishing the tasks, we all made a presentation in each group to explain why and how we built it in English.
The task of the next session was “What would you like to contribute to your club’s 30th celebration?”, which gave each and everyone a headache!
However, each participant tried one’s best and created an original work. One of the participants expressed the number ’30’ with Lego blocks and impressed everyone.
The final task was the toughest. We were asked to combine individual models into a collective work.
At the end of the workshop, each group selected a presenter who made a presentation to the audience explaining what the finished work signified.

Before participating the workshop, I’d had no idea how using Lego block would be connected to learning English, but the workshop taught me that it could be a
good way to learn English naturally.
I learned that explaining abstract ideas such as why I made it or what it represents in a limited time would break down walls and make me speak out spontaneously.
Especially, I realized that when working on creating something with Lego blocks all the participants were extremely focused, which made us forget about ourselves.
Also, speaking about something else (our works) was much easier than speaking about ourselves!
In short, LEGO SERIOUS PLAY makes people travel back time and become a child again, and enables them learn English while enjoying themselves.

I was glad to know one more method to learn English at the first event of our 30th Anniversary Celebration.
I’ll be looking forward to participating the 2nd event!

VPPR: T. S.